【本当にヤバい睡眠薬②】市販の睡眠薬は購入するな!不眠症患者への使用を推奨しない理由

睡眠薬は基本的には病院でしか取り扱いされていません。
なぜかというと、睡眠薬は脳に直接作用を及ぼすので医療現場では精神疾患の薬と同類の扱いをされているんです。

でも、ドラッグストアでも「ドリエル」とか売ってますよね。
みんな睡眠薬って呼んじゃってますが、あれは厳密には睡眠薬ではないです。
販売元も睡眠薬とは言ってませんしね。

ドラッグストアで販売しているものは正しくは睡眠改善薬と言うもので、病院でもらえる睡眠薬とは根本的に違います!
みんな睡眠改善薬がどんなものか知れば、きっと買うのは馬鹿らしいと思うはずですよ。

市販薬は一時しのぎにしかならない

まず、市販薬を過信してる人が多過ぎます。

基本的に市販の薬は「一時的な症状」にしか使えないというのは大前提です。
例えば風邪の引き始めやなどに市販薬を使うのは正しい使い方です。

ですが、症状が一向に回復しないのに1週間以上も同じ市販薬を飲み続けるのはNG!
数日飲んでも症状が回復しない場合には病院へ行くべきです。

市販薬は副作用が軽い?

病院の薬は強力なぶん副作用もキツい、市販薬は効き目が弱いけど副作用が出にくい。
なんとなくそんな風に思っていませんか?

病院の薬は医師がしっかり診察し、患者の症状に合わせて処方されます。
そのため確実に効きますし、効き目が高いので服用期間も短くて済みます。
結果的に身体にかかる負担は最小限に抑えることができるのです。

しかし、市販薬の場合には販売されている商品の中から自分の症状に合ったものを自分で選んで購入しなければいけません。
本当に自分に合っているのかわからないので、効く保証はありません。

でも、効かないという人が続出すれば、その商品や販売メーカーの信用が落ちてしまいますよね?
そのような事態を避けるために、市販の薬には数種類の成分が混ぜられて販売されていることが多くあります。
どれか1つくらいは効いてくれるだろうってことですね。

ただ、これだと本来は摂取する必要のない成分まで摂取することになるので、身体にとっては負担が大きくなります。
副作用のリスクが高まったり、消化器官に悪影響を及ぼすこともあるんです。

必ずしも「効果が強い=副作用も強い」「効果が穏やか=身体に優しい」というわけではないんですよね。

パッケージにも不眠症患者は使うなって書いてますし…

ドリエルの使用上の注意よく見てみ!

眠りが浅いなどの一時的な不眠症状・睡眠改善には、ドリエル(ドリエル:シリーズ) /製品情報【エスエス製薬】
眠りが浅いなどの一時的な不眠症状・睡眠改善には、ドリエル

1. 次の人は服用しないでください
(1) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(2) 15歳未満の小児。
(3) 日常的に不眠の人。
(4) 不眠症の診断を受けた人。

基本的には「普段はぐっすり眠れてるけど、今日はなんだか眠れないんだ」みたいな人が使うべき。

睡眠改善薬って結局アレじゃん!?

そもそも睡眠改善薬がなんで睡眠効果があるのかご存知ですか?
あれって、病院の睡眠薬のように直接的に睡眠効果のある成分ではないんです。

例えばドリエルの場合、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」というのが有効成分です。
これは一般的には酔い止めとか風邪薬とかアレルギーの薬に配合されている成分です。
抗ヒスタミン成分と言えばピンと来る人もいるかも。

そして、なぜこんな成分が睡眠改善薬として販売されてるのかというと…風邪薬やアレルギーの薬を飲んで眠くなった経験ありませんか?
こういう薬にはパッケージに「車の運転はお控えください」なんて書いてあったりします。

睡眠改善薬というのは、抗ヒスタミン成分の副作用である眠気、これを「良い効果」として利用しているに過ぎないんですよ。

薬物乱用では…

基本的には薬って正しい使い方を守ってっていうのが大前提なんですけど、そうなると睡眠改善薬に対しては色々と疑問。

自分の家族や友達が「これ飲むと良く眠れるんだよねー」って風邪薬や酔い止め飲み始めたら、ちょっとヤバいと思いますよね。
でも睡眠改善薬だとOKなのか?中身は同じなのに…

効果の割にクソ高いな!?

ジフェンヒドラミン塩酸塩って身体が慣れを生じやすい成分です。
睡眠改善薬を飲んでも全く効果がないって人も少なくないですね。

その割に値段設定が攻めてます。
ドリエルの場合、6錠入りで1,080円。

同じジフェンヒドラミン塩酸塩を主成分としている薬でも、抗アレルギー薬の場合には同じくらいの価格で100錠以上入ったものも販売されています。

えっ、どうしたよ睡眠改善薬…。
一般人が薬の価格に無頓着だからって、あんまりじゃない!?

睡眠改善薬が悪いわけではない

あまり悪く書くと営業妨害みたいになっちゃいそうなのでフォローも入れておくと、睡眠改善薬が悪いわけではないです。

薬として販売されている以上、正しく使えばそれなりの効果のある商品だと思います。
価格に関しても、もしかしたら私達が知り得ない部分で物凄い技術が使われているのかもしれませんし、そういうメーカーの影の努力を汲まずに高いと一蹴するべきではないのかもしれません。

ただ、使用用途がかなり限られているのは確かなので、気軽に購入して無暗に使いまくるのは避けた方が良いですね。
病院の睡眠薬みたいな高い効果は期待できませんし、連用できて2~3日のことなので。

コメント