イチオシ快眠グッズ紹介 ~枕編~ 【2019年最新版】

快眠グッズとしてもっとも人気なのが、そう、枕です!
枕は重い頭を支えるのにとっても重要、枕が変わると眠れないという人もいるように睡眠時の姿勢に大きな影響を与え産ます。

布団やベッドは高価なので買い替えるのに少し勇気がいりますが、枕なら1万円未満でもかなり良質なものがゲットできます。

枕選びのコツ

高級枕=良い枕とは限りません。
人それぞれ体型が違うように、合う枕もその人によって違います。
人が良いと言う商品が自分にも合っているとは限らないんですよね。

枕が合わないと、以下のような症状があらわれる場合があります。

  • 肩こり・腰痛・首痛
  • 手足のしびれ
  • 顔のむくみ
  • いびき
  • 不眠

せっかく奮発して高級枕を買ったのに、こんな症状に悩まされるようになったんじゃあ残念過ぎますよね。
自分に合った枕を見つけて、快適な睡眠を手に入れましょう!

枕の素材

素材は自分の好みのものでOKです。
夏は通気性の良い物、冬は保温性の高いものなど季節に合わせて変えてみるのも良いでしょう。

素材ごとの特徴は以下のようになります。

低反発・ウレタン フィット感がある。
羽毛 保温性◎蒸れにくい。
そばがら 通気性・吸湿性が高い。
パイプ・ビーズ 通気性が高く、ある程度のクッション性もある。
ポリエステル やわらかくボリューム感がある。

最適な高さ

価格ではなく物理的な高さのことですよ。

枕なしで寝ると布団と首の間に隙間ができると思います。
その隙間の高さがあなたの理想的な枕の高さです。

枕そのものの高さではなく、枕に頭を乗せた時にそのくらいの高さが維持できるものを選びましょう。
つまり、柔らかい素材の枕なら高めに、硬めの素材の枕なら低めを選ぶようになるはずです。

布団との兼ね合いもある

見落としがちなポイントですが、枕と布団との相性というのもあります。

例えば、敷布団がやわらかめで身体が沈み込みやすい場合、高めの枕にすると余計沈み込みやすくなってしまいます。
そうなると気道が塞がれいびきの原因となったり、腰痛などを引き起こしやすくなってしまいます。

敷布団やマットレスが柔らかい場合には低めの枕を選ぶようにしましょう。
状況によってはいっそのこと枕を使わないという選択肢もあります。

みんみん厳選!話題の人気枕3選

私個人の基準でこれだけは押さえておけ!というものを選んでみました。

王様の夢枕

王様の夢枕 | 【公式】王様の夢枕と王様の抱き枕の専門店キング枕.com
王様の夢枕の正規販売店です。極小ビーズのムニュふわ~感触で大人気の王様の夢枕。公式ショップ限定20日間使用済みでも返金保証。さらに送料無料、当日発送対応でおまけの足枕付き。ギフトラッピング・メッセージカード無料でプレゼントにもおすすめです。

今、何かと話題の枕です。
やわらかくフィット感が高めなので、ハマる人はハマるんじゃないでしょうか。
私はもう少ししっかりした素材の方が良いかな?

本体丸ごと水洗いできるのは清潔感が保てて◎。
ただし、ヘタれやすいという口コミもあるので、耐久性は微妙かもしれません。

王様の夢枕はネットショップ以外にも東急ハンズやロフトなどでも取り扱いがあります。
大きさや感触を確かめてから購入できるのは良いですね。

人気商品なのでプレゼントにしても喜ばれそうです。

素材 ポリスチレンビーンズ(極小ビーズ) 95%
ポリエステル綿 5%
価格 6,480円

高反発枕「モットン」

高反発まくら「モットン」 | モットンジャパン公式サイト l Motton Japan Official Site
モットンジャパンが自信を持ってお届けする信頼と品質の高反発マットレス

「めりーさんの高反発枕」としてはbン倍されていた商品のリニューアル版です。

こちらの商品の最大の特徴は最大50通りの高さ調整が可能という点!
高さ調節シートが全6枚付いていて、自由に抜き差しできるようになっています。

普通の枕だと、高さが合わないと「もう使えないな…」ってなっちゃうんですが、モットンなら購入後も何パターンも自分で試して最適な高さを見つけることができるんです。
使っている途中でヘタってきたらシートを足すなんてこともできそうですね。

ただ、ちょっと問題なのが価格の高さ。
返金保証があるにしても、実物を見ずにこの額を払うとなると少し悩みます。

素材 ウレタンフォーム
価格 17,800円

東京西川「もっと肩楽寝」

医師がすすめる健康枕 | 西川
健康のプロとして、肩凝りや首痛の相談を受け続けてきた医学博士、奥山隆保医師が気づいたのは、枕の大切さでした。そして、四半世紀、西川とともに、多くの患者さんの声を聞きながら、共同研究して生まれたのが、【 医師がすすめる健康まくら 】シリーズです。

なぜか快眠枕は低反発・高反発なウレタン素材が人気なようですが、私はちょっと苦手なんですよね。
寝汗をかきやすい体質なので、通気性が悪い素材は蒸れる…ウレタンは洗ったり干したりも難しいので、カビたりして不衛生な印象もあります。

もっと肩楽寝は、裏表で詰め物が異なっていてリバーシブル使用なんです。
なので、好みや季節に合わせて使用する面を変えることができます。
詰め物を抜き差しして高さ調節できるのもうれしいポイントです。

なんてったって東京西川なので信頼性も抜群!
アスリート向けのエアーシリーズは1万円以上するので手が出し辛いですが、もっと肩楽寝などの「医師がすすめる健康枕」シリーズはどれもリーズナブルで一般人のお財布にも優しめですね♪

私が買うなら絶対これ。
もしくはそばがら入りの首楽寝も捨てがたい…。

素材 上層:ポリエステル
下層:ポリエチレンパイプ
価格 5,400円

価格や口コミはそんなに関係ないよ

もし価格と質が比例しているのであれば、モットンは肩楽寝の3倍以上に良い代物ということになりますが、そんなことはないでしょう。

正直自分に合ってさえすれば、ニトリやしまむらの安い枕でも十分です。
ちなみに、しまむらでも西川の枕が取り扱われているという情報も仕入れています!

ただ、あまりにも安物の枕は内部構造がしっかりしていないので詰め物が寄ってしまい安定感が悪かったり、数ヶ月ですぐに潰れて使い物にならなくなってしまうこともあります。

しかし、高い枕なら買い替え不要かというとそういうわけでもなく、3年ごとくらいには買い替える必要があるんですね。

東京西川などのある程度名の知れたブランドの枕を買うメリットはいくつかあります。
例えば、下記のような点です。

  • 商品のラインナップがある程度決まっているので、以前と同じものを購入できる確率が高い。
  • 価格変動が安定している。
  • 保障がしっかりしてる。

せっかく良い枕に巡り会えても3年でさよならじゃ悲しいですからね。同じものを同じ価格で購入できるならそれに越したことはありません。みなさんも自分に合った枕で快適な睡眠を!

コメント