睡眠用イヤホン Bose「noise-masking Sleepbuds」の使い方や特徴は?

以前に寝る時にヘッドホンやイヤホンをするのは良くない!と書きましたが、実は「睡眠専用」として販売されているイヤホンもあるんです!
今回紹介するのはボーズというメーカーから発売されているSleepbudsという商品です。

睡眠時の音楽とはあまり相性の良くない私ですが、この商品はもしかするとかなり良いのでは?と思いました。
なにせ「音楽を聞くためのイヤホン」ではなく「音を遮断するための」イヤホンですからね。

ボーズってどんな会社?

ボーズという会社、私はあまり馴染みがありませんでした。

日本っぽい響きもありますが、アメリカの会社です。
音響機器全般に取り扱っていますが、特にスピーカーに力を入れているみたいですね。

メーカーとしての信頼性は高そうです。

noise-masking Sleepbudsはこんな商品

イヤホンというよりも耳栓のような感覚に近いかもしれません。

使い方は簡単で、あらかじめ内臓されている10種類のサウンドの中から好きなものを選んで流すだけ。
これだけであら不思議!気になる近所の騒音などを完璧に消し去ることができるというのです!

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS™ | ボーズ
BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS™の小型イヤ―プラグで、今までにない安眠を。より良い眠りをサポートする設計。ノイズを気にせずに朝までぐっすりお休みなさい。

ぴったりフィット!けど耳は痛くならない

Sleepbudsは少し不思議な形をしています。

カナル型イヤホンのようですが、それにしては耳の穴に入る部分が浅いように見えます。
また、シリコン製のイヤーチップは全部で3サイズ、かなり柔らかい素材なのでどんな耳の形でもうまくフィットするようになっています。

これにより、無理矢理ホールドしているわけではないのに、しっかりと耳に固定されるのです。

睡眠用イヤホンは基本的には寝付いた後も朝まで何時間も装着しっぱなしです。
Sleepbudsなら毎日使用しても耳への負担は少なくて済みそうですね。

アラームもイヤホンから流せる!

これはかなり良い機能です!

他の家族より起床時間が早い人やカプセルホテルでの睡眠時など、周りを配慮して大音量のアラームをかけるのが難しい機会はよくあります。
音を消してバイブだけで…という苦肉の策を用いることもありますが、結局起きれなかったり、きちんと起きれるか不安でなかなか寝付けなくなってしまったりします。

Sleepbudsではイヤホンをつけたまま寝るという利点を生かして、アラームもイヤホンから流すことができます。
これなら周りを気にすることなく、かつ、確実に起床することが可能になります。

音が完全に消えるわけではない

音を聞こえなくするだけなら耳栓でも良いんですよ。
ですが、耳栓だとどんな音も容赦なく遮断してしまうので、大事な音まで聞こえなくなってしまいます。

例えば、緊急地震速報や近所の火事のサイレンなど…聞こえなくなってしまったら恐ろしいですよね!

Sleepbudsは不快な音をヒーリングサウンドでマスクして気にならなくするものです。
なので、イヤホンをしていても緊急の通知や電話などの音はしっかりと捉えることができます。

買う前にここに注意!

Sleepbudsは音が原因で眠れない人にはかなり良いアイテムだと思いますよ。
特に夜勤などで周囲と生活のリズムがズレている人や、家族のいびきに悩まされている人などは即買い!レベルかもしれません。

ただ、どんな商品も相性というものがあります。
買ってから期待外れ…とならないように、事前の下調べは大事です。

この機能にいくら出せるか?

ここまで記事内ではあえて商品の価格を出しませんでしたが、みなさんはこの機能ならいくらくらいまで出せますか?
イヤホンと言っても自由に好きな曲が流せるわけではありませんし、超高性能な耳栓と考えるとちょっと悩みますよね。

Sleepbudsの公式での価格は32,400円です。
私は正直この価格ならもっと別なものを買うかな…と思いました。

ノイズキャンセリング機能はない

この点はレビューでも勘違いしている人が多いように思いました。

Sleepbudsにノイズキャンセリング機能がないことは公式サイトでも明記されています。
あくまでもノイズマスキングなので、完全に騒音がシャットアウトできると思って購入すると後悔します。

まだあわてるような時間じゃない

現状ではまだ睡眠用イヤホン自体がSleepbudsぐらいしかありません。
しかし、似たような商品は国内でも販売されています。

例えばキングジムのデジタル耳栓。

声は聞こえて、騒音だけをカット!!「デジタル耳せん」| KING JIM
声は聞こえて、騒音だけをカット!!「デジタル耳せん」をご紹介します。

これはコード式ですし形状的に睡眠時の使用には不向きだと思いますが、こういった商品の睡眠時にも使用できるものがあればなかなか良いですよね。
ちなみにデジタル耳栓は税別で4,980円で販売しています。

ボーズには申し訳ないですが、どんどん市場が拡大していけばもっと高性能なものが安く手に入るようになる気がするんですよね。

もちろん今すぐ騒音対策したいんだ!という即時性を求める人であれば3万円の価格でも惜しくはないと思いますし、ぞんぶんに活用することができるはずです。
ですが、そこまで事態が深刻ではない人や、私のように大して困っていないけど商品として面白そうだなとか思っている人にとっては、せっかく購入しても宝の持ち腐れになってしまうと思います。

コメント