睡眠音楽のススメ 癒しのBGMが自然で快適な眠りに誘う

みなさん音楽って聴かれますか?
稀に全然聴かないって人もいるんですけど、流行の曲じゃなくても映画の主題歌とかゲームの○○の町のBGMとか思い入れのある楽曲の1つや2つあるものだと思います。

私は最近はP-MODELと平沢進にハマっています。
でもP-MODELはテクノとかプログレなので、寝る前に聴くには向いてない…。
平沢進は自分の歌声をタナトスの声と表現するような人なので、寝る時に聴いたら快眠というか永眠しそうで怖いです。

そこで今回タイトルにした睡眠用BGM!
これが本当に効果があるものなら眠れない人にとってはかなり助かりますよね。
特別な準備は一切必要ありませんし、何よりお金も時間もかかりません。

実際私も眠り辛い時に利用してみたので、感想を交えながら記事にしてみますね。

睡眠音楽は普通の曲とどう違うの?

人間の精神状態は外部刺激によって大きく左右されます。
そのため、リラックス効果を得るために五感に訴えかけるというのは非常に理にかなっていると言えますね。
子守歌というものがある通り、音楽で眠りを誘うというのは非常に効果があると思います。
クラシック音楽を聴いて眠くなった経験のある人もいるでしょう。
実はこれ、クラシックがつまらないから・興味がないからなどではなく、きちんとした科学的な効果が立証されているんです!

リラクゼーション効果絶大な1/fゆらぎ

ざっくり説明すると1/fゆらぎというのはある種のノイズのようなもので、海の音や鳥のさえずりなど自然界の音にはよく含まれています。
人間の心拍などの生体リズムにも1/fゆらぎが含まれるため、1/fゆらぎの含まれる音を聞くと共鳴し、リラックス効果を得ることができます。

クラシック音楽で眠くなるのも、この1/fゆらぎがたくさん含まれているためです。

また、f/1は音以外にも、ろうそくの炎や電車の揺れなど、身の回りのさまざまなものに含まれています。
なんとなく落ち着く・眠くなると感じるものはf/1ゆらぎが関係しているのかもしれませんね。

α波という言葉に騙されるな!

まず勘違いしないで欲しいのは、音楽自体からα派が出ているわけではないということです。
α波は脳波の一種で、心身ともにリラックスしている状態で発せられます。

つまり、α波の出る音楽=リラックスできる音楽という意味に他なりません。

1/fゆらぎのように何か特別な音波でも発せられるのかと思ってしまいそうですが、少し拍子抜けですよね。

みんみん流!睡眠に最適な音楽の選び方

睡眠用BGMの選び方で、一般的によく挙げられるのは次のようなものです。

  • 歌詞のないもの
  • 自然音を利用したもの
  • ゆったりとしたテンポ
  • クラシックの場合モーツァルト・バッハなど

アップテンポな曲や抑揚のあり過ぎる曲は脳がリラックスできなくなるので避けましょう。
それさえ気を付ければ、基本的には好みに合わせて選んで良いと思います。

ピアノ・オルゴールは個人的に微妙

私の個人的な好みかもしれませんが、オルゴールやピアノ曲は高い音が多くて耳触りがあまり良くない気がします。
普段聴く分には良いのですが、寝る時に聴くと結構頭に響くというか、リラックスという感じではなかったですね。

外国の曲なら歌詞アリでも良いかも

歌詞のある曲が不向きだと言われるのは、歌詞の意味を理解するために脳が活性化してしまうためです。
なので、外国の曲など歌詞の意味がわからないものであれば利用できるのではないかと思います。

エンヤさんの曲などは癒し系のお店のBGMとして利用されていることも多くおすすめです。

どうですか?聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか。
英語の曲だとちょいちょい理解できる単語が出てきたりしますが、エンヤさんの曲は基本ゲール語なのでよっぽど勉強しない限りは歌詞を理解することはできないと思います。

迷ったら自然音が1番

どれにしようか迷ったときは自然音を利用したものを選べばハズレがありません。
私が時々利用しているのはカエルの鳴き声です。

この他にも雨の音やフクロウの鳴き声など様々な自然音を利用したものがあるので、好きなものを選んで流してみましょう。

睡眠音楽を利用する際の注意事項

眠れない時の音楽はうまく使えば入眠補助として十分利用できます。
ただし、やり方次第では逆効果となってしまうこともあるので注意してください。

かけっぱなしはNG

音楽が安眠妨害となってしまう可能性があるため、入眠後も音楽をかけ続けるのは良くありません。
あらかじめタイマーなどで入眠後に停止するようにセットしておきましょう。
通常時なら30分、今夜はなかなか寝付けないなという場合には1時間くらいでかけておくと良いと思います。

イヤホン・ヘッドホンは非推奨

周囲の雑音を消す為にも、イヤホンやヘッドホンをした方が良いのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし、睡眠前に音楽を聴く場合には、イヤホン・ヘッドホンは利用しない方が良いです。

耳に負担がかかるとか、音が頭に残りやすくなるとか色々言われていますが、私がおすすめしない理由は単純に気が散るからです。
イヤホンをしていると寝返りしにくくなりますし、イヤホンが耳からポロポロ落ちると非常に煩わしいです。
ヘッドホンなんてイヤホン以上にかさばるのでなおさらです。

また、iPhoneで音楽を再生すると音量を最小にしてても少し大きく感じることもあるります。
なので、普通にスピーカーで流してスマホを置く位置で音量を調節したりすることもあります。
イヤホンやヘッドホンを使うと、こういった微調整もできなくなってしまうので不便です。

YouTube広告は安眠の敵

YouTubeの動画を利用する場合、動画の途中に広告が挟まれていることがあるので注意しましょう。
広告が流れるとせっかく音楽でリラックス気分になっていたのが台無しになります!

なるべく広告のないものを選ぶか、広告を避けて再生するように調整してみてください。

効果があるかどうかはあなた次第です!

もしかしたら私自身あまり睡眠音楽に向いていないのかもしれません。
勉強するときも無音の方が捗りますし、何かしながら音楽を聴くっていう器用なことができないんだと思います。

ただ、眠れない時にBGMをかけておくと気晴らしにはなるので、ネットサーフィンやスマホゲームをするよりは遥かにマシだと思います。

音に敏感な人だとBGMをかけると気が散って余計眠れなくなってしまうこともあるので、そういう人は耳栓とかした方が眠れるかもしれないです。

コメント